海外旅行:目的地選びから計画・準備までのTOPに戻る

パスポートの申請と受領


パスポートの申請は、


1)一般旅券発給申請書
2)戸籍抄本または謄本
3)証明写真
4)本籍地の入った住民票
5)身分証明書

が必要です。


1)の「一般旅券発給申請書」は1通必要(国外のIC旅券作成機未設置公館で申請する場合は2通)で、申請書はパスポート申請窓口で入手できます。

5年有効なパスポート申請用と10年有効なパスポート申請用の2種類があります(20歳未満の方は、5年有効なパスポートしか申請できません)。

2)4)ともに申請日前6カ月以内に作成されたものに限ります。

3)の写真は、縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なし、無背景(薄い色)の写真です。写真の自動販売機でも撮影できます。これも申請日前6カ月以内に撮影されたものに限ります。無帽で正面を向いたもので、頭頂からあごまでが34±2mmである事など、規格が申請書に記載されているので、よく読んで撮影しましょう。

5)の身分証明書・本人確認書類は、

1点で良い書類(一部省略)は、
運転免許証、船員手帳、写真付き住基カードなど

2点必要な書類(1.の書類がない場合)は、
AとBの各1点、又はAから2点を提示しなくてはなりません。

A)健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、後期高齢者医療被保険者証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書、船員保険年金証書、恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(この場合は登録した印鑑も必要です)等

B)次の内写真が貼ってあるもの
学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等


これらを、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請します。

通常1週間程度(土・日・休日を除く)で受け取れます。


パスポートを受け取る時は、本人が必ず交付(申請)窓口に行く必要があります。

そのときに必要なものは、

1.申請時に渡された受理票(受領証)

2.手数料

となります。

10年用が都道府県収入証紙と収入印紙の合計16000円
5年用が都道府県収入証紙と収入印紙の合計11000円となります。

関連コンテンツ

パスポートの更新

パスポートを持っていても、時期が来ると更新しないといけません。 パスポートの有効期間が1年を切ると、更新手続きが可能となります。 その時、有効期限が5年または10年を選べます。 パス・・・

パスポートの必要な残存期間

現在のパスポートの有効期限は5年と10年の2種類です。 しかし、ぎりぎりまで使用できるというわけではありません。 有効期限が1年を切ると長期滞在する場合、不都合が生じる場合があります。 ・・・